障害年金でお困りのことなら、些細な事でもお気軽にご相談ください。

札幌障害年金サポートセンター

北海道札幌市中央区大通西13丁目4 ドエル大通公園202
札幌市営地下鉄東西線西11丁目駅 1番出口徒歩4分・市電西15丁目電停徒歩3分

まずはお問合せから

お電話はミナサンのシャロウシ
011-303-4864

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜日・日曜日・祝祭日

 事例2 うつ病

ご依頼者様と結果

1.病名 うつ病

2.性別・年齢  男性 40代

3.住所地 北海道 苫小牧市

4・決定等級  事後重症 障害厚生年金 2級

        

申請までの経緯

仕事のストレスから不眠となり仕事に支障がでたため通院を開始した。最初はすぐ直ると思い、先生には症状を全く話すことが無かった。自殺を願う気持ちから自転車で車に何度かぶつかる行為を行うなどする。体調が悪化して出勤できなくなり傷病手当金を受給して終了するころ、医師から障害年金の申請を勧められる。診断書を持参するように言われるが、言われた瞬間から不安となる。ソーシャルワーカーに相談して禁止されていたホームページを見る許可を得て当センターに連絡を頂きました。面談時は、奥さんに許可を得る必要がいるとのことで制度等をオリジナルのガイドブックで説明する。その後、ご本人から奥さんに自分で説明でき、了解を得られたとのことでご依頼を頂きました。

申請手続き

診断書依頼先の病院はサポート体制が整っており、診断書の依頼に集中してサポートいたしました。聞き取り内容から認定日ころから症状があると判断して、認定日と現在の事後重症2枚の診断書を依頼いたしました。医師から認定日ころはカルテに何も症状が記載されていないので書けないと言われ、ご本人も当時は面倒で「何か変わったことはありませんか」と聞かれて「ありません」としか答えてないと納得されました。現在の事後重症は障害厚生年金2級と決定されて安心と喜びのメールが届きました。決定後も何度がメールといただき、発達障害が分かったと連絡が入りました。連絡をうけて、改めて一生懸命仕事を続けてこられた大変さを感じました。面談は、最初だけで後は全て、メール、手紙・電話で行いました。 体調を配慮してその体調に合わせた方法で連絡をとりました。                                  

その他メニューの紹介

うつ病の他の事例、他の事例紹介はこちらから

まずは無料お問合せから

011-303-4864

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜日・日曜日・祝祭日