障害年金でお困りのことなら、些細な事でもお気軽にご相談ください。

札幌障害年金サポートセンター

北海道札幌市中央区大通西13丁目4 ドエル大通公園202
札幌市営地下鉄東西線西11丁目駅 1番出口徒歩4分・市電西15丁目電停徒歩3分

まずはお問合せから

お電話はミナサンのシャロウシ
011-303-4864

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜日・日曜日・祝祭日

お菓子をいただきました。

お心遣い、本当にありがとうございました。

お菓子をいただきました。

ふたりで美味しくいただきました。本当にありがとうございます。感謝です。ご縁をいただき、このようにお菓子をいただけること、本当にありがたいです。

令和2年(2020年)も今月を含めあと3カ月となりました。コロナと向き合いながら、日々の活動を進めています。11月3日は北見市にて「北見・オホーツク地区障害年金無料相談会」を開催します。今回も様々な出会いがあるかと思いますが、米澤・山内は来ていただいた方には、少しでも有益な情報を持ち帰っていただきたいと思っています。

事務所にお菓子が届きました。

お手紙が同封されていました。ありがとうございました。

事務所にお菓子が届きました。体調がすぐれない中でのお心遣いに感謝です。いただいたお菓子は二人で分けて美味しくいただきました。本当にありがとうございました。

今後もいただいたご縁を大切にして、適切に現状をお伝えできるよう依頼者に寄り添いながら、活動していくことを改めて意識することができました。重ねてありがとうございました。

コロナ禍の中で

コロナウイルスですっかりご無沙汰しております。ウイズコロナになってからは、今まで以上にご相談者様のことを考えて仕事を行っております。まず、私たちが感染しないことを一番に心がけて、テレワークを行っております。面談の際は、随時、机、ドアノブ、椅子などを除菌スプレーで拭き掃除を行っています。ご相談者様には手を除菌して頂いております。ご依頼を頂いた場合は、面談回数を減らすために電話での聴き取り、メールを使いながら進めております。

お菓子をいただきました。

美味しく頂きました。

お菓子をいただきました。面談時には、ご夫婦から多くの情報をいただき、さらにお菓子をいただけること感謝です。ご夫婦の温かい人柄を感じさせる面談でした。

 

当センターの「ウイルス感染防止」対策

当センターでは、面談前にドアノブ、テーブル、椅子などをアルコール消毒液で拭いています。玄関には手の消毒ができるようにアルコール消毒液を用意しています。また窓をこまめに開けて、換気を行っています。米澤・山内はマスク着用で面談に臨んでいます。

旭川医科大学病院同行

正面玄関には、職員が待機して、物々しい雰囲気でした。

旭川医科大学病院に行ってきました。外来ロビーは気のせいか患者さんの数が少なく、同行した方から「普段の半分くらい」とお話がありました。以前訪問した時と違い、内装工事がされたのでしょうか院内が明るくなり、待合スペースが広くなったような気がしました。ただ以前と変わらないのは、正面入口左側に郵便局があります。郵便局窓口は変わっていませんでした。

事務所にお菓子が届きました

早速いただきました。大変美味しかったです。

12月21日、事務所にお菓子が届きました。お礼の電話をしたところ、お二人はお菓子が好きだと聞いたからお菓子を送付したとのこと。いただいたお菓子は全部、美味しくいただいています。そして送っていただける気持ちをとても嬉しく感じています。

お手紙が同封されていました。

この度は、障害者年金申請の手続きで大変お世話になりました。障害者年金を受給することができましたが、申立書や過去にさかのぼっての通院履歴など、とても個人では無理でした。山内先生には何度も朝早く病院まで足を運んでいただき、医師との面談に立ち会っていただきました。とても心強かったです。ありがとうございました。3年後にある障害状態確認届(診断書)提出の際にも、是非、宜しくお願い申し上げます。

 

ご兄妹で事務所来所

早速いただきました。大変美味しかったです。

12月14日足元悪い中、ご兄妹で事務所に来所されました。先日障害基礎年金の受給が決定したことに対してのお礼をしたいとのことでした。

お二人の新しい生活に向けて、引っ越し準備の最中に来てくれました。来ていただき本当に嬉しい限りです。

そしてお菓子を持ってきていただきました。重ねて感謝です。かわいい風呂敷に包まれたお菓子。本当に美味しかったです。

初回面談時の深刻な表情と異なり、今回はお二人の表情が明るく、今回は時折笑い声が聞こえる1時間となりました。

 

釧路市訪問

遠く感じましたが、気が付けば釧路到着でした。

面談のため1泊2日で釧路に行ってきました。当日の釧路は晴天でしたが、夜になり湿った雪が降り、翌朝はそれが凍り路面はツルツルになり、歩道を歩くのに危険を感じたくらいでした。面談時その話をしたところ、釧路の方は慣れているとのこと。歩き方のアドバイスをいただき、大変助かりました。

面談は2件あり、いずれも母子でお話をお聞きしました。親亡き後の経済的不安を切実に語る姿を見て、現状を適切に反映された結果となるように寄り添っていきたいと強く感じる面談となりました。


 

砂川市でお菓子をいただきました

早速いただきました。大変美味しかったです。

午前中滝川市内で面談等を行った後、砂川市で面談を行いました。当日は風が大変強い状態でしたが、ご家族を交え、大変温かい雰囲気の中での面談となりました。帰りにはお菓子をいただき、本当にありがとうございました。

今年も残り1カ月を切りました。事務所、ご自宅、喫茶店、相談会等で様々な出会いがありました。振り返るにはまだ早いですが、多くの出会いで私たちは多くのことを学ばせていただいています。本当に感謝です。学ばせていただいた事を次の出会い、ご縁をいただいた時に少しでも反映できるよう、日々意識しながら活動しています。

 

 

お菓子をいただきました

チョコと煎餅。美味でした。

午後から札幌市内に雪が降りました。今年の初雪は例年より遅いような気がします。このような天気の中、面談に来ていただいた方からお菓子をいただきました。

写真は4枚のお菓子ですが、実際はその何倍もいただきました。きちんと2等分させていただきました。

お話をお聞きして、米澤・山内が何らかの情報提供を行う。それを繰り返して、結果としてご縁をいただくのは時期改めてとなりましたが、最後はご自身で今後の進め方の答えを出されたと思います。

面談時にこちらの意見を押し付けることはありませんが、お話を聞いたうえで、今後の方向性をお示しすることはあります。相談に来られた方の今後進む方向が見えたらいいなと思いながら、面談を行っています。

お菓子ごちそうさまでした。早速いただきましたが、大変美味しかったです!ついつい食べ過ぎました。

美唄市訪問

おいしくいただきました。ありがとうございました。

午前中は札幌市内医療機関診察に同席、午後からは美唄市にて医師面談を行いました。札幌ー美唄は電車で40分弱。午前中にいただいたお茶を飲みながら、気が付いたら美唄駅に到着です。
ご多忙の中、面談時間を確保してくださった医師に感謝です。

10月19日(土曜日)は、約1年半ぶりの北見相談会開催です。当日は「きたみ菊まつり」が開催されるそうですが、前回のように相談機会を待っている方、インターネットにアクセスできず相談機会が無い方がいると確信しています。

相談料は無料、先着順に対応させていただきます。ご本人だけではなく、ご家族、医療関係者のご相談も可能です。

初診日さがし

障害年金の申請に重要な要素の一つが初診日です。今では、発達障害の診断も多く行われるようになりました。同じ症状でもこれが20年前だとなかなか難しい状況でした。大人のなって病名がついた場合は、知的障害が無い場合は、初めて受診した日が初診日となります。初診日探しは、ご本人の記憶も曖昧となっていたり、病院が廃院しているなど大変困難となります。薬の処方、診察券、あらゆるものを総動員して初診日を探して証明しています。初診日を探す作業は、お一人、お一人違いますので困難な場合は時間をかけて行っています。初診日は、加入されている年金制度で年金金額が決まるため大変重要な要素となります。

1年間ご一緒いたしました。

昨年、4月にご相談をうけた方の申請がやっと6月に完了いたしました。障害年金は、病気等の方で身体が不自由な方のための制度です。ですから病名があり診断書が必要となります。難病などで病名が中々分からない場合は、多くの病院を受診して病名が分かる方がいらっしゃいます。今回の方は病名が中々判明しないため、受診を繰り返した方です。病名が決まっても初診日がいつなのかがまた問題となります。長期間病名が分からない時は、初診日が5年以前でカルテがない場合もあります。そんな時は、診断書を書いてくださる先生の意見が重要となります。色々な問題を一つ一つ解決してやっと申請となるため、病院同行も必要と考えています。今回の方とは、診断書を書いて頂くために色々な病院を10回以上同行いたしました。気づくと1年間ご一緒いたしました。

動く・考えるを繰り返しています

よさこいソーラン祭り終了しました。次は大通公園のビアガーデンが始まります

米澤・山内は申請に至るまで、ただ書類を作成して提出終了とはしません。時にはクライアントに負担をかけることになりますが、内容によっては再度ヒアリング、メールのやりとりを行うことがあります。

常にクライアントファーストを貫くことを意識しています。

常にクライアントの状態を的確に伝える表現方法をとことん考えています。

考えたことを文書として表現するために、何度も読み直し年金事務所提出まで修正を行います。

クライアントから証書が届いたと連絡が来ます。この連絡をいただくために、日々米澤・山内は表現方法の情報交換・研究、時には議論を行っています。

 

 

初診日はいつ頃ですか?

面談時、初診日はいつ頃で、どこの医療機関に通院されていましたかと必ずお聞きします。多くの方からはお答えいただけるのですが、いつ頃に受診したか、どこの医療機関だったか覚えていないとお話しする方もいます。

このような時、米澤・山内は様々な方法で思い出し作業のお手伝いをします。雑談をきっかけに一気に思い出された方もいました。面談後に思い出したとご連絡いただいたこともあります。実際は、体調の悪い中面談に臨まれている方がほとんどですので、思い出し作業は難航します。

そこで米澤・山内は体調に負担をかけないよう、思い出し作業で体調がより悪化させないように思い出し作業のお手伝いしています。体調に負担をかけない方法が他にないか日々研究しています。

病歴・就労状況等申立書の書き方

大通公園の桜はほぼ終了し、ライラックの花が咲き始めました。事務所は大通公園に近く、通るとつい花に見とれてしまいます。

最近、病歴・就労状況等申立書(申立書)の書き方がわからないとの相談が増えています。

最初は、申立書の形式にこだわらず頭に浮かんだことを書き出すことが重要です。一気に書き出す方法もありますが、思い出すたびに書く方法もあります。上手に書かなければいけないと考える必要は一切ありません。次に、書き出した内容に間違えが無いか確認、最後に申立書の形式に合わせて書きます。「、」「。」を気にしないでとにかく書くことです。

ただ実際には、頭が回らないので何を書けばいいかわからない、体が動かないので作成できないという方がほとんどです。まずはご相談ください。当センターで話をお聞きになりご自身でできると判断されたら、ご自身で作成することをお勧めします。作成できない、作成できるが時間がかかると判断されたら、当センターにお任せていただくことも選択肢に入れていただければと思います。

お菓子をいただきました(2)。

早速,おいしくいただきました!ありがとうございました。

米澤・山内ともに食べること全般に興味があるように思われているのでしょうか。今回もお菓子をいただきました。本当に感謝です。

様々な出会いがあります。多くの方から「ありがとうございました」とお言葉をいただきます。結果として、申請のお手伝いできなかった方からもお言葉をいただいています。

米澤・山内ともに、お会いして単に手続き可能の可否だけを伝えて終わりにすることはありません。毎回出会ったことをご縁と感じています。事務所で問合わせを待つのではなく、お伺いしてお話をお聞きする、情報提供を行うことを意識して、改めて初心に戻り来月からも頑張っていきます。

 

お菓子をいただきました。

多くの情報提供ありがとうございました。おいしくいただきました。

ご夫婦との面談終了後、お菓子をいただきました。お二人からは多くの情報をいただき、さらにお菓子をいただき大変ありがたく思いました。ご縁とお菓子をいただけたこと本当に感謝です。

元号は変わりますが、米澤・山内は相談を待つのではなく、自らが地域に赴いて相談をお聞きする姿勢を変えることなく、日々の相談・手続業務を進めていく所存です。今年もよろしくお願い致します。

事務手数料について

当センターではご縁(ご契約)をいただいた際に、21,600円の事務手数料をいただいています。当センター立ち上げ時に二人で議論の末に決めた金額です。

ご契約をいただいた時に、様々な事情で支払いが困難な方には分割、後払いも可能です。

当センターがこの金額とした理由は、クライアントファーストを貫くためです。

申請に必要な書類を取りに行く、完成した書類の受け取り、電話代、郵送代、戸籍、住民票取得代金、交通費、加えてご契約後不安に思われたときの対応(再面談、電話で話を聞く等)、病院同行、医師面談同席時の日当、交通費も手数料に含まれています。

ご契約をご検討されている方にとって、クライアントファーストを貫くための事務手数料としては高いと思われるかもしれません。しかしご縁をいただいたら成功報酬以外は追加でいただくことはありません。当センターに安心してお任せいただきたいと思って決めた事務手数料が21,600円です。

病院同行・医師面談同席

11月はご縁をいただいたお一人の方と病院同行を2回、医師面談を1回を行いました。ご本人の病気をより理解したい思いと、申請に繋げたい思いで行いました。難しい病気で苦しんでいる方ほど周囲の方々に理解されない現実に憤りを感じます。先生が一生懸命病気に向き合う姿勢とわかりやすく病気の説明する姿を拝見しました。診察に同席を快諾して下さった医師に感謝です。

砂川市立病院訪問

滝そばはいつも混んでいます。

雨の中の砂川市立病院訪問。ご本人の希望がありましたら医師面談同席(ただし医師の同意が必要)、同行を行っています。ひとりで医師に診断書依頼することに不安を感じる、現在のつらさ大変さを伝えることが難しいと思われる方からは、安心した、心強かったとお言葉をいただいています。

滝川経由で砂川に行ったので、滝川市滝そばに立ち寄り念願の天ざる。しっかりパワー注入してから砂川市立病院、砂川年金事務所訪問。

岩見沢市訪問

大通公園の木々も秋の装いとなりました。冬が近づいています。

北海道は秋から冬に向かいつつあります。本日は雨の岩見沢市で面談。ご本人の希望には沿えない結果となりましたが、玄関まで見送っていただきました。米澤・山内は電話で可否を伝えるだけではなく、ご本人のご希望があれば極力お会いして状況をお聞きしてから申請可否、他のお役に立つかと思う情報も提供をしています。

12月1日は札幌教育文化会館で無料相談会を開催します。前回相談時は様々なお問い合わせをいただきました。今回も様々な出会いがあると思っています。


 

北見市訪問

久しぶりの北見です。

網走訪問に続いて今回は北見訪問。本日、翌日と医療機関で面談。北見赤十字病院にて面談終了後から雨。北見赤十字病院は新築らしく、面談終了後雨宿りで院内喫茶店に立ち寄ってから宿泊先に。明日の面談に向けてパワーアップ。北見は焼肉の街と言われていますが、本当に焼肉店が多いです。

岩見沢・三笠市訪問

柔らかく、くせが全く無くありません。

最近は札幌市内以外からお問い合わせをいただくことが増えてきました。今回は岩見沢市、三笠市訪問です。面談、打ち合わせ、市役所訪問等を無事終えることができました。今回の昼食は三笠市にて「なんこ」定食。「なんこ」とは馬の腸等を味噌で煮込んだ鍋料理。おいしくいただきました。今回もしっかりパワーいただいて午後からは市役所訪問、打ち合わせ。

 

網走市訪問

網走は終日雨でした。

医師面談のため網走市訪問。5月開催北見相談会以来のオホーツク訪問です。10月は北見市内クリニック訪問予定です。北見相談会では多くの方々に大変お世話になったことを思い出しながら車中を過ごしていました。お盆が過ぎすっかり寒くなってきました。

 

滝川・砂川市訪問

「滝そば」でパワー付けています。

米澤・山内共に外勤が多く、札幌市外に行くことが多いです。午前中移動、訪問、昼食をはさんで訪問、そして事務所戻り。本日は滝川、砂川市訪問。猛烈な暑さのため少々ダウン気味。昼食は「滝そば」。昼食時間帯をずらして遅く行くためか天そばはいつも品切れ。今回は冷やしたぬき。午後から「滝そば」パワーで滝川、砂川両市役所訪問。来月相談会開催告知の協力依頼。

三笠・夕張市訪問

カレーそば美味でした。紙エプロンを着けて安心して食べることができました。

前日の三笠訪問に続き、本日は夕張訪問と二日連続で空知地方訪問となりました。本日は夕張市屋台村でカレーそば。カレーそばでパワー注入後面談に臨みました。(写真はありませんが、三笠ではホルモン鍋)

お伺いしてお話しを聞かせていただく。先方から「ありがとう」と言っていただける。こちらも「ありがとうございました」という気持ちで帰ることができる。いい循環が続いています。

当センターが考える情報提供とは

当センターではお問い合わせいただき、ご希望があれば基本的にお会いします。契約に至らなくても情報を持ち帰っていただきたい、そう思いながら米澤・山内は日々面談に臨んでいます。「ありがとうございました」と言っていただき、事務所に来た時と比べ面談終了後の少しでも明るくなった表情を見て、申請のお手伝いに至らなくても米澤・山内は当センターを立ち上げて良かったと面談終了後思うことが多いです。

7月に入り今月も多くの方とお会いすることができると思います。7月28日土曜日には小樽で相談会を開催します。後志管内、小樽市での開催は初めてです。広報誌掲載が決まっている自治体もあります。ネットではなく紙媒体で相談できる機会を探している方がいます。相談会で実際にお話を聞き、切り抜きを握りしめて相談会に来ていただいた姿を見て実感しています。「相談機会を待っている人がいる」その機会を微力ながら作っていきたいと思いながら活動しています。

札幌の桜も開花しました

事務所移転後初めての春です。事務所界隈は行政機関が集まるエリアなので落ち着いた雰囲気です。背後の建物は札幌市資料館です。

札幌市資料館の桜があまりにも美しかったので撮影しました。普段は年金事務所訪問時に通り抜けるだけですが今日はゆっくり通り抜けてみました。札幌にも春が来たようです。

5月19日土曜日はオホーツク(北見)相談会です。相談料無料、予約不要ですのでお気軽に来場していただければ幸いです。北見芸術文化ホール(きた・アート21)でお待ちしています。

お菓子をいただきました

ふたりで美味しくいただきました。本当にありがとうございました。

十勝地方からいらした親子の方から、お菓子をいただきました。足元悪い中での事務所訪問ありがとうございました。

札幌医大2階コンビニ・イートインスペース

札幌医大診療棟2階にコンビニがあることご存知でしょうか。コンビニ横にあるイートインスペースは日中も静かです。待ち時間に重宝しています。本日は打合せ終了後立ち寄りました。

日中も静かです
 

診療棟2階ファミリーマート奥です

滝川・芦別にて面談

昨年開催の滝川(中空知)相談会以降、滝川、芦別など中空知地域にお伺いする機会が増えてきました。今回は滝川、芦別にて面談、打ち合わせがありました。滝川方面の積雪量は多いと聞いていましたがこんなに多いとは。手打そばの滝そばでパワーチャージ後、市役所等訪問。あっという間の一日でした。2月24日土曜日 たきかわ文化センターで無料相談会を開催します。予約不要、ご家族の方の相談も可能です。

芦別の降雪量
滝川の降雪量
美味でした

医師面談同行

当センターでは医師面談同行を行っています。そのためかご本人の希望で、医師面談に同行することがよくあります。ただし、医師の同意がある場合に限られます。今月は2件の医師面談がありました。いずれも診断書に関する事項ですが、改めてご本人と医師の同意を得た後、診察室で一緒に話を聞いています。同席していて毎回思うのですが、患者さんに対する質問の仕方、表情、しぐさがどの医師も違うのです。ただ共通しているのは真剣なまなざしです。同席していて毎回感じるのは、目の前にいる方に対する話しの聞き方はこれが正しいという答えはないということ。医師面談を通して再認識させられています。

事務所にて面談

親子で来ていただいた相談者から「(事務所内部が)話しやすい雰囲気」とお褒めの言葉をいただきました。地下鉄西11丁目駅から事務所の場所がわかりにくいかと不安に思っていましたが、事務所ビル横の駐車場看板を目指して来るとわかりやすいとのことでした。

ビル横駐車場看板
面談スペース
西11丁目出口

地下鉄でお越しの場合は1番出口からがわかりやすいです

北見にて面談

初めて行く土地では面談場所の確保に苦労します。静かで落ち着いて話せる・相談するのに適当な喫茶店、場所がわからないのが現実。電話で面談時間の打ち合わせ後、どこでお会いしましょうかとお聞きすると、「ここでお願いします」快く教えていただけるので今回も助かりました。今回は北見訪問。面談後オホーツク塩焼きそばでパワー注入。その後市役所等訪問。建て替え中で庁舎が分散状態。寒空の中迷ってしまいました。

その他のメニュー紹介

他のメニューをご覧ください。

まずは無料お問合せから

011-303-4864

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜日・日曜日・祝祭日 

サイドメニュー